Life is…

意識高い系大学生です。ディズニーと音楽とサッカーがあれば生きていけます。

It's a small world

宿を予約せず、親にも言わず、リュック一つで完全ノープランのヨーロッパの一人旅に行ってきた。

 

最初にバルセロナに着き

さて、どうしようかと(笑)

とりあえずバスに乗って市内へ

 

たまたま隣に座った日本人と仲良くなり、スペイン美女のスーパーアシストもあり、宿に泊めてもらえることにf:id:internationale2525:20171003012348j:image

かなりいい部屋じゃねぇか!無料で2泊分の宿をゲトった

正直言って初の一人海外旅行で、そのうえ宿が決まってないというのはかなりの不安とストレスがつきまとっていて

この部屋に入った時の安堵感は天にも登るような気持ちだった(笑)

 

やっぱりなんとかなる😊

 

やるかやらないかの話をよくするが

 

やる前から頭の中で色々考えちゃうんだよねぇ

起こりうる悪い事態、失敗に対する恐怖、不安があるからできない

それをとっぱらっちゃえば人間できないことは無いんだよ

いやとっぱらえないから困ってるんだけど(笑)無理やり思考の外にぶん投げちゃう、そりゃもう強引に

 

神様見ててくれるし、誰か助けてくれるさ

 

 

バルセロナでの2日間は出会った日本人と一緒に観光。

f:id:internationale2525:20171003013413j:image

こんなこと日本を発つ時は予想もしてなかった。

 

出会いって素敵❤奇跡です。

 

予想外の良いことが起きる瞬間は生きている中で最高の瞬間の一つ。

 

奇跡に巡り会う瞬間が多ければ多いほど、キラキラした美しい人生になる。

 

 

後にバルセロナでのひとときを共に過ごした彼と別れ、一人パリへ向かった🇫🇷

彼が言っていたのが「フランス人って特にパリの人はあまり親切なイメージないよね、自分たちの国にプライド持ってて、ほかの国人達には冷たそう、気をつけてね」

 

マジかぁ、メトロとかわからないから人に聞くのを頼りにしていたので、厳しい戦いになりそうだぜ…当時はそう思った。

 

けどね、フランス人めっちゃいい人だったよ(笑)

 

みんな道を丁寧に教えてくれるし、一緒に来て案内してくれるし

みんな笑顔で「ジャパニーズ、ようこそパリへ!!」と言ってくれる。

たくさんの愛に触れたなぁ

 

パリでの宿泊に、安いドミトリー(共用)ホステルも紹介してもらい、そこでは世界中からたくさんの旅人たちが集まっていて色々話した。

 

勇気がいるよね、知らない人に、しかも外国人に声かけるのって

ぶっちゃけ黒人とか余計怖いっしょ?

変な風に思われるかな、冷たい対応されたらどうしよう、迷惑かなって

俺も一年前くらいはそうだった

 

でもそんなの、テメー(当時の俺向け)が1人で勝手に被害妄想膨らましてるだけなんだよなぁ

 

あいつら、本当に親切でクールな奴らだぜ?

 

どこの国の人だって

Hi! Where you from?

で仲良くなれる。

 

なぜならみんな同じだから

世界は同じだから

 

どこの国の人だろうが、肌が何色だろうが、ターバン頭にまいていようが無かろうが

みんな水を飲むし、食べ物を食べるし、父と母は子供を愛してるし、若者は友達が好きだし、困っている人がいたら助けるし

 

何も変わらない。

みんな地球に住む人間だよね

仲間じゃんそしたら

生まれた場所が違うだけ、それだけなのに難しく考えすぎて、なんでコミュニケーション取りづらくする?

 

そーなったらさ、フランス人だろーが、スペイン人だろーが、日本人だろーが

関係ないじゃん

もっと言えば

友達、知り合い、見知らぬ人、他人

この区別いる?

 

友達が困ってたら絶対助ける

なんで友達だけ?

 

こんな区別要らないんだよ

こんなふうに区別してるから無意識のうちに上下関係出来てたり、外部の情報に振り回されたり、見捨てたり、対立したりする。

 

 

It's a small worldは本当に素晴らしいアトラクション

(急に飛んだな笑)

 

ウォルトは世界は同じってことを知っていて、それを小さい子供から大人にかけて全ての人たちに伝えようとあのアトラクションを作ったんだね。

勝手にそう解釈してる(笑)

 

黒人も中国人もホームレスも

みんな同じ、仲間、何も変わらない

すべての人に愛を持って接していきたい

 

これ、マジで色んな国際問題解決するぜ、戦争もなくなるぜ

 

俺はいろんな国に行ってこれを全身で感じた。

綺麗事でもなんでもない。

 

世界は同じ!

f:id:internationale2525:20171003021250j:imagef:id:internationale2525:20171003021300j:imagef:id:internationale2525:20171003021316j:imagef:id:internationale2525:20171003021348j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気で生きてこ💚

今日はあるセミナーというか、学校に参加させていただきました。


初めてここから逃げ出したいと思うほど、すごい人たちのコミュニティで…笑

色んな革新的なアイデアを持って様々な事業をやってたり、団体を立ち上げたりしている人たちがわんさか

中にはアフリカのジブチ共和国の大使もいたし(笑)

 

この人紹介するからふたりでやったら面白いんじゃない!と、その場でケミストリーを起こそうとしちゃうライブ感がまた新鮮で(笑)

 

皆さん共通してるのは皆さん自らの力←ココ重要! でアクションを起こして社会の様々な問題を解決し、もっとキラキラした世の中にして行こうぜっていう思い。

 

そして

 

本気で生きている

 

ということ。

 

本気で生きるって最高にクールだし

ってよりかはマジで美しいよね

 

そう、美しいんだよ。

 

俺も少し前までゆーて

「俺なんかじゃ出来ない、無理だ」

とか言ってきた

 

JUST DO ITだ!とか限界作るな!とか実践を通して初めて腑に落ちて、理解出来た。

理解したつもりじゃなくてね


今日思ったのは

 

「普通」

 

って考えの怖さ

 

この考えがたくさんの人に制限をかけてるし、可能性を奪ってる

 

「普通」って言葉は悪魔だよ、本当に恐ろしい存在…

 

そもそもできる、できないって区別はいらないよね

 

そんなこと話してるほど無駄な時間はないんだよ

 

 

だって、だってやれば全部出来るから


これが真実。

 

だって世界はこんなに広くて、こんなにたくさんの人間がいるんだぜ?


ツールは揃ってんじゃん、使ってないだけだよ、探せよ!!

 

子供の頃好きなおもちゃ取るために必死におもちゃ箱漁ってたろ!


みんな昔は出来てたんだよ

 

だから俺はそーゆーやつじゃないとかは間違いなの、気づければ良い、思い出せば良いだけ

 

みんなが勇気を出して1歩踏み出せるために発信し続ける

 

背中で見せないといけない

 

だから俺は行動しまくります👊

 

 

ジャスドゥーイッ!!

f:id:internationale2525:20170803003858j:image

 

 

ヒトノフコウハミツノアジ

‪人間の価値って、不幸なこと、嫌なことがそいつに起きた時にわかるもんだと思うんですねぇ‬


‪ハッピーな時はそりゃ誰でも調子良いですよ‬


嫌な出来事はたーくさん襲ってきますよ、そのときどう対応するのか

 

‪表面だけ受け取ってすぐ感情的になるやつ

一人で凹んで悩み、自分を否定し始めるやつ

 

これは因果関係でも何でもないんですね

 

嫌なことが起きたから怒る、凹むんじゃないんですよ

自分がその選択をしてるだけなんですよ

 

そんなん疲れるだけじゃないですか?前進できてませんよね?その時間無駄じゃないすか?

 

 

自分次第です、マジで

 

 


‪俺の場合は見方を変えますね、発想の転換ですね、結局、笑い話にしたらいいんですよ😆

 

人間って他人の不幸話好きなんですよ

 

で、人を笑わせられたら楽しい空間作れるじゃないすか

 

自分もちゃっちゃと前を向けるわけです

 

ほら、よっぽどよくない?怒ったり凹んでるより

 

どっちを選ぶかは人次第です

 

そこで差が出ると思います

 

f:id:internationale2525:20170620204443j:image

 

 

 

 

If you have courage to pursue them

ララランド4回目見た(多っ!!笑)

ロケ地がLAで日本で公開中に現地へ行ったこともあり、鑑賞中に色々な思い出が蘇ってくるんだよなぁ

作品自体の話をすると、圧巻のオープニング
渋滞からスタートするあたり、車社会のロサンゼルスならではだし、一見渋滞っていう負の要素さえもあんな楽しいシーンにするポジティブな考えみたいなものを俺は勝手に感じた(笑)

単純に娯楽として大好き!
音楽に関してはアメイジング!ジャズ、ポップ、オーケストラらの色々なジャンル、そしてTake on meやI ranなどの80年代の曲もあり、今風な電子音の入った曲もあり、4次元レベルでも楽しめた(笑)
映画全体見てもとにかくどのシーンもカラフルで視覚だけでもハッピーになれちゃう😋

ミア役にはエマワトソンにもオファーがあったみたいだけど、夢追人としての壮絶な生き方を演じるなら知的で聡明なイメージのエマワトソンより表情豊かで感情性溢れるエマストーンのがドンピシャだなぁって
エマストーンは無声映画でやっていけるんじゃないかって勢いだよね


やっぱり一番のテーマは恋もそうだけど、夢追人の生き様にあると思う

劇中の素晴らしい曲も全部夢追人の心境を語ったものだと思うし、歌を並べるだけでもストーリー性が見えてくる!

この作品を通して、夢を追いかける人って本当にかっこいいし、美しいなって強く思った

中でも、Auditionのシーンはもう感極まるよね

夢追人って、醜いシーンのが多い
何度も打ちひしがれて、泥まみれになろうとも、不運の連続に見舞われようとも、自分の夢に向かってまた立ち上がる、挑み続ける



例えば歌手だったり、役者としてメジャーデビューしたいって夢がある
どんなジャンルであろうと、あのスポットライトを私も浴びてみたい、みんなの前で私もいつか…
なんて夢を1度は見る人はたくさんいる、むしろ見ない人はいないのではないだろうか

けれども、多くの人は現実を見る、
夢を追い続ける時期、経済的にも不安定な時期の方が長い。
あまりにもハイリスクな生き方を恐れ、夢を諦める。

夢追人達は覚悟を持って、そのリスクを背負って、先見性の無い生活、その恐怖以上の愛を注げるもの(音楽や演技)があるのだ。


そこまで愛を注げる何かを持っている人はなんて素敵なんだろう
自分はそんな大きな愛はまだ持っていない

自分も含めてだけど、すぐにできない理由を並べて、自分の身を守ろうとする、妥協点を探し出す

行動してない奴に限ってその人たちを笑うんだ
そんな奴らは本気で生きる、勇気が無いんだ
そして、そんな生き方をしている人たちが羨ましいんだ
嘲笑うのだって、少しでも自分を優位に立っているように見せて、自分を納得させることに、守ることに必死なんだよ

全員に覚悟を持って夢を追う生き方を選べと強制する訳では無い

ただ、尊敬の念は忘れてはいけないと思う
失敗している瞬間だけ見れば、笑いものなのかもしれない
そうじゃないんだ、とても強い人たちなんだ

夢追人は諦めないから夢を叶える
そして見る人たちに夢を与える
夢をつなぐ存在

私から見れば、醜いと言われるシーンでも美しく映る。

どうか、どうか夢追人に讃歌を



それを見て私は
あぁ、夢追人はなんでかっこいいんだ
と感心して終わりではない

もっと全力で生きなければと強く思うのだ。
自分で限界を作りたくない、もっともがきながらでも前へ進むんだという覚悟を持って、一度限りの人生を生きていきたい。

私は大学の海外研修の選考に2度落ちた。
日頃から学ぶ姿勢を持ち続けていたし、準備は日常レベルでやってきた。
それでも落ちた。悔しかったし、結果が出なけりゃ意味がない、落胆した。

へこんでもいい、ただそれで終わりじゃない
1000回ダメで、1001回目で達成できたら最高だ、素晴らしいじゃないか!

そんなことを劇中のミアとセブに、ララランドという作品に教わった

そんな感じです!(笑)
長々とお付き合いありがとうございました😌

立ち上がりますっ

Making love club この国の政治と表現の自由

政治に対して無関心だった自分の考えが180度変わりました。

Instagramの投稿が削除される。
男性のヌードの芸術作品が撤去される。
メディアも様々な規制、圧力によって本当に伝えたいことを伝えられない。

 

必要以上なまでにセンシティブになった世の中に、表現の自由が奪われている。

 

政治に関する情報も、誰かの都合のいいように操作されたり、変な情報によって論点をずらして本質をぼかされたり

政治に関心が無いと、この手の中に確かにあると思っていた自由が、徐々に奪われていってしまう。
無知だからそれに気づくことも出来ない。
恐ろしい😱

俺ができることはとにかく情報に触れて、考えることですね、自分の考えを持つこと。
やっとこれの大切さがわかりました(笑)
そして発信していきたい。
俺も含め日本の若者が母国の政治に対して無関心って、ヤバすぎる。
マジでfoolishなことに溢れてるよ、こんなのに操作されてちゃダメだ!
まず身の回りから広げていきたい。

 

てかこのイベント最高にクールだったなぁ
トピックがマジメだから、俺みたいな政治に関心のない若者にとっちゃちと敷居が高い。
けどそこで映画、音楽らのアーティスティックな要素も加えて、俺らの世代も入りやすいし、アートも入れた方が楽しいじゃんって。
まじケミストリーだわー各要素の良さ相乗効果でMAX引き出されてたし

やっぱマジメだけって違うよね、アートも取り入れていけたら最高にクールだよ、楽しめる。

けどそのアートカルチャーさえも表現の自由がかなり規制されてる今。
廃れさせちゃいけないね!とりま頑張ろう!

いやぁーまた新しい人と話して、新しい景色を見て、新しい自分に出会えた!おもしろいねー🙌

 

てか今度は俺らがこーゆーのオーガナイズするわ!

クールなことを仕掛けることが一番クールよ!

割とデカめの決意表明🇺🇸

やっぱりアメリカを拠点に奮闘(留学、ファッションのビジネス)している同世代で同じ日本人のSNS、ブログは本当に学べるものが多い。

結局、メディアとか、留学セミナーとかの情報って彼ら彼女らの情報と比べるとリアリティに欠けるし、いい所しか見えてない。
例えば治安が悪いって一言で言ったって、日本の治安の良さは世界で見たら異常なレベルだし、
そこに住んでる中でその一言から想像したところで現地とのギャップってめちゃくちゃあるしだろうし、
彼女らのSNSを見ると本当に現地感、リアルが伝わってくる、知れる。
どんなときに治安の悪さ、身の危険を感じたのかが具体的で、俺にとって有益な情報。

俺は性格的にもアメリカの方が絶対合っていると思っていて、もちろんいい所しか見えてないだけかもってのはある。
けどそれも結局自分が想像している程度のもので、実際はもっと違う、辛いところもたくさんあるなって感じた。

リアル過ぎる情報を知って、日本にいた方がいいかなって思いが頭をよぎったよね。こんなこと初めて(笑)
でもそれを現地へ行く前に知れてることは大きなことだと思うし、SNS時代と発信してくれる人たちに感謝。

そして、現地組の彼らは同じ日本人だからこそ、アメリカの日本と真逆の人、文化に苦しめられることもあって、その時の心情が痛いほどに伝わってくる。

でも彼らは負けずに、自分をしっかり持って毎日生きている。
というか、向こうで自分のスタイルを持たずに生きる術なんて無いんだろうな

多民族国家から生まれる自己主張が強い国民性、みたいなこと思ってたけど
アメリカ人は宇宙人なんじゃないか、
留学することって外国で勉強するというより、異星で生活することなんじゃないかってくらいに捉えてる(笑)
それくらい、違う。
人間という同種の生き物なのに環境でここまで違う、面白い。

やっぱり違うって面白いし、惹かれる。
その違いに対して寛容じゃない日本の社会に生きづらさを感じることがたまにある。

けど、なんだかんだ母国である日本ほど住みやすい国は他にないし、
なんでこんなに辛い思いや経験をしてまでこの人は異国の地で挑戦するのだろう、俺は挑戦したいのだろうと思った。
日本にいた方が楽なのに
自問してみた。

そしたらすごくシンプルな答えが出て、

俺は最大値の楽しさ、ハッピーを体感したいんです。

テレビとか映画でアメリカ人の生活を見る機会とかあるじゃないですか
楽しみたい!が潜在意識レベルであって、自分の気持ちにアホみたいに素直で
過剰なリアクションとか、ユーモラスな発言とか、歌ったり踊ったり…
俺にとってはこれがベストマッチなんですよね、これは間違いないんです。
俺の考える、人間のあるべき生き方を体現しているんで。
アメリカへ編入したら、辛いこともめちゃくちゃあるでしょうけど、

でも楽しいシーンではヤバイと思うんですよね!!
その瞬間が俺の中での楽しさの最大値で
理想ってそういうもんじゃないですか
理想が現実となって、ハッピー過ぎて鳥肌ブワーなって、泣くと思います(笑)

収穫だって半端ないと思いますよマジで、視野広がりましたーなんてレベルじゃねーよ、

アメリカに過度な期待を抱いてないかって?俺はそう思わないし、そうだとしてもやめる理由にはならないし、

一度しかない人生を自分らしく全力で楽しみたい

マジでこれに尽きますね!

だから挑戦する

自分の中でのこの思いの強さを改めて実感しました。
少し話が逸れましたが、
決めます

アメリカの大学へ編入して、卒業します。

決めることって大きいですよね、よりパワー出てくる。

ベラベラと話しましたが、そんな感じです(笑)

皆さん力を貸してくれたら嬉しいです😊
読んでくださってありがとうございました😊

美女と野獣 ごちゃごちゃ総評

なんか新曲入れたり、アニメでは語られないバックグラウンドがあったりで、時間的な問題か、次へのシーンの展開がクソ雑だったりで、リズム感に欠けるシーンが散見。
セットがもうほんまに豪華!!!城の内装が特に。細部の彫刻まで本当に気品溢れる豪華なセットだった。
そして美女と野獣と言えば曲!!

ほんと名曲揃いで、実写での再現度の高さにはずっとトリハダだった。

エマが草原で歌うとことかもう感受性キャパオーバー。

個人的には夜襲の歌がかなり好き。あの迫力と、野獣を殺しに行く前の不安、焦り、緊張感、それらを待たずして進むハイテンポな曲調がまたたまらん。

野獣の歌うevermoreはやばいね!!愛する人を失うという尋常じゃない辛さを、覚悟を持って受け入れてる、野獣の優しさを超えた「強さ」を歌で見事に表現してて、これまた鳥肌。

エンディング曲の美女と野獣も、オードラマクドナルドの美しい歌声からのコーラスという最強のBGMに、優雅なセットで踊るエマワトソンとダンスティーブン!!

究極の化学反応を起こして、あのワンシーンはストーリー性抜きにしても僕が人生の中で見てきた全ての映画の中でもベストシーンかと。。。


あとキャスティング凄すぎるだろ!

まず、ポット夫人役に「ラブアクチュアリー」とか「ウォルト・ディズニーの約束」主演のエマ・トンプソンもダンスシーンの歌は癒されるし、

野獣役ダンスティーブンも歌初めてとか嘘だろ、、プロ意識に脱帽。
ルークエヴァンス演じるガストンと、ルフウ役のジョシュゴッドは本当に楽しみで、期待以上だったなぁ!!ポスター見た時点でこんな完璧なキャスティングある?って(笑)夜襲の歌の歌唱シーンはらしさを存分に発揮してた。

そして!!なんといっても一番の衝撃と感動は、ルミエール役よ!

紳士たるクールさとチャーミングさに加えて、ちょい女好きな感じが新たなルミエール像を確立し、見事に演じてた。

誰かなと思って調べたらまさかのユアンマクレガー!!スターウォーズオビ=ワン・ケノービでした(笑)
あんなセクシーな歌声持ってんのかよ!って(笑)やっぱ一流俳優は幅が広い、人間、幅広さって大事だね!


そして愛して愛してやまないエマワトソン。

正直!!マジ演技は酷かった!笑

なんか終始固くて、人間味を感じられなかった、いかにも「ザ・演技」って感じで。もっと感情的なエマを見たかったなぁ、ベルはあんな静かじゃないよ😅

プレッシャーとかもあったのかなぁ、それとも監督からの要望か、とりあえずエマには撮影終わってからも世界中回ってたので、ゆっくり休んで欲しい。

でも数秒感覚でエマを大画面で見れること自体に感動して、エマにとって初挑戦の歌やダンスシーン、さらには乗馬もこなし、エマワトソンという女優の新境地開拓の瞬間を見れた。

カメラワークもエマの美しさを最大限に引き出してた!

ルックスだけで鳥肌立たせるってのも最強の武器よね(笑)

ダンスシーンは胸が苦しくなるほどの美しさ。

もう、本当にエマloverからしたら、死にました。

今までにこんな豪華なキャストのディズニー映画は無いよ

 

いやぁあと初めてファンタジーで泣きましたよ!!ファンタジーって音楽、世界観、個性的なキャラとかを楽しむエンターテインメントとして見てたから、感動とかは期待してなかったんだけど、本作はほんと入り込めるんだよねぇ!

それは映像の演出もそうだけどやっぱキャストの力じゃないかな、ルミエールと野獣たちにほんと感情移入しちゃって、何度も心苦しくなったし、魔法溶けた瞬間も本当に嬉しくて、泣いた、結末知ってるのにねぇ!(笑)

 

ディズニーアニメーションの「美女と野獣」は、世界中の人達から愛され続けてる不朽の名作で、作品としてのブランドもかなり高い。

それだけにプレッシャーとか凄かったと思うんだよね。

でもだからこそ、ディズニーは今回の作品にめちゃくちゃ力を入れてるなぁってのはキャストだけでなく、プロモーションの面からもすごく伝わってきた。アメリカでもあちこちでポスターは見かけるし、ラッピングバスもめっちゃ走ってたし、

それに応えるべく、最高のキャスト、最大のオマージュを持って制作に臨んだ人たち全てにお疲れ様と言いたいです。

本当にありがとう。こんなにも心が幸せに満たされた作品は初めてです。

とりあえず鳥肌立ちまくりだし、泣きすぎたし、疲れました!笑

まさに極上のエンターテインメント。待望熱望の前に待っていたのは今まで経験したことのない感動と満足感、幸せでした。